【カメラ初心者向け】そろそろオートでの撮影は卒業したい?そんな時はプログラム(P)モードを使ってみよう

シェアする

初めてカメラを買ってからしばらくオートモードでの撮影しかしていない。そんなことはないでしょうか?

オートモードでもある程度はキレイに写真が撮れるのですが、撮影に関わる大部分をカメラに委ねてしまうため、せっかくの一眼レフやミラーレスの機能を活かしきれていない場合があります。

写真を楽しむために1段ステップアップしたい方にオススメなのが、プログラム(P)モードです。

今回はプログラムモードの使いかたや出来ることについて解説していきます。

スポンサーリンク

オートモードとプログラムモードの違いとは

はじめにオートモードとプログラムモードの解説をしていきましょう。

オートモードは名前の通りカメラの設定に関わる部分を自動で決定します。

絞り・シャッタースピード・ISO感度以外にもホワイトバランスやオートフォーカスのポイントなどもカメラが判断しています。露出補正も出来ないので、撮れる写真はほとんどがカメラ任せになります。

写真を撮る人が決められるのはシャッターを切るタイミングと構図だけです。(実際は何度かシャッターボタンを半押しすることで、ピント位置も決めることはできます)

対して、プログラムモードではカメラが決めるのは絞りとシャッタースピード(写真も明るさ)のみになります。ISO感度やホワイトバランス、露出補正、フォーカスのポイントなどは自分で設定可能なのでステップアップしたい初心者の方にはピッタリです。

プログラムモードの設定方法

カメラのモードダイヤルをPのところに合わせると設定できます。

Avモードに設定したカメラ

設定自体はこれで完了です。

後は撮影したい被写体や環境に合わせて設定を変更していきます。

主な設定項目としては以下の4つです。

  • ISO感度
  • ホワイトバランス
  • 露出補正
  • AFモード

それぞれの設定のポイントを紹介します。

ISO感度

マニュアルモードなどで設定を変更した場合、写真の明るさが変わる設定部分ですが、プログラムモードでは明るさは変わりません。

なぜなら、プログラムモードでは写真の明るさをカメラが決定するのでISO感度を変えても同じ明るさになるように絞りやシャッタースピードが変化するからです。

では、どういった場合に使うのかというと、写真を撮る場所が暗くて手ブレする場合や動いているものを撮る時にブレずに写真を撮りたい場合です。

そのような時にISO感度を上げるとシャッタースピードが早くなるので、手ブレを抑えたり、動いているものをブレずに写真に収めることができます。

ただし、ISO感度をあげると写真のノイズが増えるため注意が必要です。

設定についての詳細はこちらを確認してみてくださいね。

写真の表現を決める3要素!絞り(F値)・シャッタースピード・ISOについて解説します!
写真の表現を決める3要素!絞り(F値)・シャッタースピード・ISOについて解説します!
デジタル一眼レフで撮った写真の明るさを自分の思い通りにコントロールするためには、露出を決める絞り(F値)・シャッタースピード・ISOの3要素

ホワイトバランス

写真の色に関わる設定です。

写真を撮る際に周りにある光源によって被写体の色が変わってしまう(白熱灯の光が当たっていると黄色く写るなど)のですが、それを正しい色で撮影するための機能になります。

まずは、オートで撮ってみて色がおかしい場合は、環境光に合わせて設定をかえてみると良いでしょう。

太陽光や蛍光灯などさまざまなモードがありますので、好みで切り替えてみてもOKです。

露出補正

写真の明るさに関わる設定です。

+補正すると、写真が明るくなり、-補正で暗くなります。

設定の変更に伴って、シャッタースピードや絞りが変化しますので、+補正をしすぎると場合によっては手ブレを起こすこともあります。

AFモード

フォーカスポイントの設定やAF-S、AF-Cの切り替えなどの設定が可能です。

AFモードのついての詳細は以下の記事をどうぞ

AF(オートフォーカス)のモードを理解して、思い通りの写真を撮ろう!
AF(オートフォーカス)のモードを理解して、思い通りの写真を撮ろう!
いきなりですが、一眼のAF(オートフォーカス)ってどんな設定になっていますか? カメラを始めたての人だと、あまり設定をいじらない部分で

プログラムモードを使うことで出来ること

プログラムモードを使うことで、写真の明るさが自由に設定できるようになります。そのため、意図的に明るく撮った写真(ハイキー調の写真)や暗くとった写真(ローキー調の写真)を撮ることができます。

ホワイトバランスの変更によって写真の色味も変えられるので、写真そのものの雰囲気を自分でコントロールできるようになります。

まとめ

今回はプログラムモードについて紹介しました。

写真初心者のステップアップの第一歩としてオススメなプログラムモード。

カメラのさまざまな設定を少しづつ覚えていくのにも役立つモードなので是非使ってみてくださいね!