歪みを極限まで抑えた超広角『LAOWA 12mm F2.8 Zero-D』が国内で取扱い開始!

シェアする

Venus Optics製の超広角レンズ『LAOWA 12mm F2.8 Zero-D』が日本国内での販売が決定しました。

取扱いをするのは『サイトロンジャパン』ライフルスコープや双眼鏡を取り扱っている会社のようです。

気になるレンズの性能について紹介します。

スポンサーリンク

 LAOWA 12mm F2.8 Zero-D

LAOWA 12mm F2.8 Zero-Dはkicksarter(Ultra Wide Angle Lens with Zero Distortion, Laowa 12mm f/2.8 by Venus Optics – Laowa — Kickstarter)でも出資を募集していたレンズです。

出資金額の目標1万ドルのところ、67万ドル近くの出資を集めた人気のプロダクトですね。

レンズの特徴は12mmという超広角の画角を持ちながら、F2.8と明るいこと。

またレンズの『Zero-D』(ゼロ・ディストーション)という名前のもあるように歪みを極めて抑えた設計になっているようです。

 気になる性能は?

出典:(Pre-Order) Laowa 12mm f/2.8 Zero-D | LAOWA Camera Lenses – Venus Optics

メーカーページより拝借。F2.8-F22までのMFレンズです。CPUの接点もないので、EXIFも残らないです。

レンズは10群16枚の構成で3枚が異常分散レンズ(上図緑色のレンズ)、2枚が非球面レンズ(上図赤色のレンズ)を使用しています。

歪みや色収差を抑えるために、結構贅沢な構成です。

マウントはキヤノンEF、ニコンF、ソニーA・Eマウント、ペンタックスKマウントの5つ。

フルサイズ機を出している主要メーカーでは問題なく使用できますね。

個人的にはレンズ重量が610-650g(マウントによって若干変動)という軽さなのはポイント高いです。

結局買いなの?

単体の性能だけをみれば、実売14-15万という価格を考えても十分買いですね。

ただし、使いかたによっては他のレンズの方がいい場合もあります。

比較対象になりそうなのは各マウントで以下のレンズになります。

キヤノンEFマウント

ズームレンズを中心にラインナップが豊富なのがキヤノンですね。フルサイズ用レンズとしては最広角のCanon EF11-24mm F4L USMのようなレンズがあるのが強みですね。

ニコンFマウント

発売から現在まで多くの人に愛されるAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを筆頭に評判の良いレンズが多いですね。

ソニーA/Eマウント

Aマウント・Eマウントで若干使えるレンズが異なります。

ペンタックスKマウント

ペンタックスに関しては結構比較対象が少ないですね。

比較するポイント

ほとんどのレンズが14mm〜という画角なので、12mmという画角が欲しいのであれば、買いですね。

後は、AFの有無もポイントになります。超広角であれば、被写界深度も深いのでMFでも問題ないとは思います。

ただし、AFによるピント合わせの正確性・撮影のテンポの良さが必要な場合はAFレンズを選択した方が良いでしょう。

まとめ

サードパーティー製のレンズの中では強気な実売14万円程度という価格設定ですが、それに見合うだけのレンズではありそうです。

発売されたらぜひ一度触ってみたいですね。

http://www.venuslens.net/product/laowa-12mm-f2-8-zero-d/

上のメーカーページでは作例などもアップされているので、興味がある人は確認してみてください。

こちらの記事もよく読まれています!

  1. 【保存版】超便利なGoogleフォトの使い方を徹底レビュー!...
  2. 【保存版】あれっ?カメラの故障?そんな時に確認したい9つのポイント...
  3. 【まとめ】オススメの単焦点レンズを紹介!【ニコンFマウント編】...
  4. AF(オートフォーカス)のモードを理解して、思い通りの写真を撮ろう!...
  5. 2017年のNikon新製品を妄想しながら予想してみる!...

スポンサーリンク