一眼レフ・ミラーレスを使うならレンズに「レンズフード」をつけた方がいい3つの理由

明るさの比較のために撮ったレンズ

街中で一眼レフやミラーレスを持っている人を見ると、けっこうな確立でレンズフードをつけていない人が見られます。

「見た目が仰々しい」や「気合入れてるみたいで嫌」といった声もたまに聞きますが、レンズフードをつけることは写真を楽しむうえで大きなメリットがあるんです。

今回はレンズフードをつけた方がいい3つの理由を紹介します。

スポンサーリンク

 周囲からの光を遮断する

レンズフードの役割の中でも一番大きいのが、これではないでしょうか。

カメラというのはご存じのとおり光学機器なので、光の影響をモロに受けるものです。

レンズフードをつけない場合、ファインダーを覗いて見える範囲に光源がなくてもその光がレンズ内に入ってきていることが多いため、その光が原因でフレアやゴーストなどが出てしまうことがあります。

特に半逆光の時なんかは、写真に写らない位置に光源があることが多いので、レンズフードの効果が実感できます。

最近のレンズであれば、レンズの反射を抑えるコーティング(ニコンのナノクリとか)の性能も高いので、フードが無くてもあまり影響はないように感じられることもあるとは思いますが、フードをつけることで画質が向上することはあっても低下することはないので、ぜひフードを使ってもらいたいですね。

レンズを傷から守れる

レンズフードをつけずにカメラを持ち歩いていると、人ごみなどに行った時にカメラがぶつかった経験ないですか?

特にたすき掛けのストラップを使っているとカメラがぶつかりがちですよね。

レンズフードをつけていると、レンズの前玉までの部分にフードの長さ分の空間ができるので、万が一ぶつけたとしても、レンズ本体に直接傷がつく可能性を下げてくれます。

レンズを汚れから守れる

レンズフードをつけることで、レンズの前玉にうっかり触ってしまうといったことも減らせます。特に小さい子どもがいると容赦なくレンズに触ってくるので、レンズフード必須です(うちの子はカメラが好きで隙があれば触ろうとしてますw)

また、小雨くらいならフードのおかげでレンズに水滴がつくのも防げますし、埃もフード無しの状態よりは侵入しにくいです。

まとめ

ほとんどのレンズに付属品としてついてくるレンズフードですが、メーカーは意味のないものをわざわざ付属品としてつけているわけではありません。

画質やレンズの保護などのさまざまな役割をはたすものですので、いままでレンズフードを使っていなかった人はこの機会に使ってみてほしいと思います!

こちらの記事もよく読まれています!

まだデータがありません。

スポンサーリンク