Nikonの新機種「D5600」が発表!旧機種と比較してみた

nikonD5600

出典:http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d5600/

先日ニコンから新機種「D5600」が発表されました。

全モデルD5500はモノコック構造やISO感度の向上、バリアングルタッチモニターといった機能を搭載した初心者から使いやすい一眼レフでしたが、今回の「D5600」はどうなんでしょうか?

さっそく、比較していきます!

スポンサーリンク

ココが変わったよ!

SnapBridgeに対応

nikonsnapbridgeロゴ

出典http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d5600/features01.html

下の記事でも書いていますが、D3400も対応しているSnapBridgeにD5600も対応しました。

SnapBridgeとは、ニコンが出したスマホ用のアプリで撮った写真をスマホに転送したりスマホでカメラのシャッターが切れたりという機能があります。

ただ、D5500にはもともとWi-Fiが内臓されていたので、正直大きなメリットではないですね。

また、SnapBridgeを簡単に設定できるようにD5600はNFCを内蔵していますが、現在はAndroidのスマホ・タブレットのみの対応になっているのもユーザーにはちょっと優しくないですよね。iPhone6以降ならNFCが使えるので、ぜひ対応してほしいところです。

タイムラプス機能が追加

スマホなどでも今は撮影できる機種が多いタイムラプスに対応しました。

もともと、インターバル撮影機能はついているので、PCで編集をすれば、D5500でもタイムラプス動画は作れるんですが、D5600はカメラ内部で動画にしてくれるみたいなので、より手軽にタイムラプスが楽しめるようになりました。

撮影可能枚数が増えた

D5500は撮影可能枚数が約820枚でしたが、D5600は約970枚に増えました。

撮影枚数が増えるのは助かるので、性能があがって嬉しい部分ですね。

他にも細々と変更点が

  • タッチパネルの下にフレームアドバンスバーというものが追加されました。バーをスライドさせると撮影した写真を高速で切り替えできます。
  • D5500についていたUSB/オーディオビデオ出力端子がD5600では省略されました。

ココはそのまま

センサー・画像エンジン

有効画素数2416万画素、画像エンジンはExpeed4と変更なしです。

写る画像はD5500とほぼ同等ですね。(一緒?)

AFも変わりない

AFも39点(クロス9点)と変わりありません。

この辺は据え置きされてますねー。

買うならどっち?

私はD5500の購入をすすめます。

今回のD5600はSnapBridgeに対応という事以外は特に目新しい機能はついていません。

また、写真の完成度に関わる部分の変更点は見られないので、D5500を買うのがいいですね。

現状、D5500などを持っている人はさらに次の機種(D5700?)であれば、画像エンジンの更新がされるとおもうので、そのタイミングの購入がいいでしょう。

D5500なら今なら新品5万円台なので、D5600の初値が8万円台~とすると差額が2~3万円くらいあります。

その差額でレンズ買えちゃうので、私はそっちの方がいいと思いますね。

これは初心者にオススメのレンズなんですが、2万円台半ばで買えます。

写真を楽しむにはレンズの方が重要なので、D5500+好きなレンズの組み合わせがオススメです!

レビューもしてます!

まとめ

今回はニコンの新機種「D5600」を「D5500」と比較していました。

カメラとしての重要な部分はほとんど変更がなく、「手軽さ」や「SNS・ネットとの親和性」といった部分での性能アップが見られました。

ただ、D5500の完成度がかなり高かったので、値段を考えてしまうと急いで購入するほどの機種ではないかなと個人的には思っています。

D5600の後継モデルではもっと意欲的な製品を期待したいですね!

こちらの記事もよく読まれています!

まだデータがありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク