出たぞ新機種!ニコンD3400を旧機種と徹底比較!

出典:Nikon D3400 製品情報

ニコンの新しい入門機「D3400」が発表されました。

入門機ということで手頃な価格で一眼レフを楽しめるということで、新機種を待っていた人も多いのではないでしょうか?

今回は前機種にあたる「D3300」との比較をしながら、「D3400」の魅力に迫っていきます。

スポンサーリンク

ココが変わったよ!

ISO常用感度が1段向上

D3300ではISO常用感度が100-12800(拡張感度で25600が使用可能)でしたが、D3400ではISO100-25600と1段向上しました。

D3400では拡張感度は省かれたので、D3300よりも暗い場所で撮れるわけではありませんが、夜間や暗い室内での撮影の際にD3300よりもキレイに撮れるようにはなりそうです。

拡張感度って記録写真として緊急避難的に使うぶんにはいいんですが、ノイズがすごくてあまり使い物にならないんですよね(汗)

使う人によってどの程度のノイズを許容できるかにもよりますが、最大感度が1段上がったぶん、常用感度の範囲でもD3300よりはノイズが少ない写真が撮れますね。

ピクチャーコントロールにフラットが追加

これはD810以降の機種に搭載されている新しいピクチャーコントロールでして、今回のD3400から入門機にも導入されました。

特徴は誇張のない表現と言えばいいのでしょうか。

撮った写真を見ると写真全体のコントラストが低く、悪く言えば「眠い画像」とも言えます。

ただ、元々メリハリがある写真よりも後処理の自由度があがるので、撮った写真を現像・加工する人には嬉しいですね。

スマホとの連携機能が追加!

時代の流れがWi-Fi内蔵で当たり前みたいな風潮があるので、てっきりD3400も導入するかと思っていたんですが、Wi-FiではなくBluetoothによるスマホとの連携機能が追加されました。

「SnapBridge」というアプリをスマホにダウンロードしてカメラと連携すると、撮った写真が自動的にスマホに連携されるというものなんです。

便利な機能ですよねー。

ただ、何個か注意点もあってスマホに自動連携される画像は200万画素にリサイズされたり、元画像の送信には手動での操作が必要になります。

ただ、200万画素ぐらいあればスマホで見るには十分なので普段は自動転送された写真を使って、プリントしたい時には元画像を使うなどの使い分けをすれば個人的には十分だと思います。

D3300ではスマホなどに連携するには、ワイヤレスアダプターを使うかEye-fiカードなどのWi-Fi対応SDカードを使うしかなかったので、連携できるようになっただけでも便利になりました。

撮影可能コマ数が500コマも向上

D3300では公称値が700コマだったんですが、D3400では1200コマと大幅に向上しています。

使っているバッテリーは同じなので、ここまで向上させるとは驚きです!

旅行などでも電池の残量を気にせずに撮りまくれそうなのがいいですね。

ココはそのままだったよ!

画素数などの基本スペック

記録画素数が2416万画素、ローパスフィルターレス、画像処理エンジンがEXPEED4を搭載などのカメラの画作りに関わる性能はD3300から引き継ぎされています。

もしかしたら、画像処理エンジンがEXPEED5になってないかなーとも思ったんですが、夢でしたw

まぁ、D5・D500とフルサイズとAPS-Cのフラッグシップにしかまだ搭載されていないので、さすがに入門機には早いですよね。

来るとしたら次世代機(D3500?)かな?

画素数に関しては私は2400万画素くらいが精細感とデータサイズのバランスがちょうどいいところかなーと思います。

また、AF周りもフォーカスポイント11点(クロスセンサー1点)、AF検出範囲-1EVなどこちらも変わりありません。

まぁ、この辺の性能を向上させる、販売価格に直結するので、変更せず落ち着いたのかなーという感じです。

外観

見た目も変わっていません。

機種名にバッチ部分しか変わってないように見えます。

D3300からモノコック構造になり、グリップが向上していますので特に変更する必要がなかったんでしょう。

動画がFullHD記録

これは意見が分かれる部分でもありそうですが、4Kが記録可能であればもっとよかったなーと。

最近4K動画も結構一般的になってきたので、個人的には撮影可能であれば最高でした。

まぁ、4Kで撮ったとしても、視聴できる環境をもっていない人が多いとの判断でしょうか。あとは多分コストの問題かと。

結局買いなの?

まあまあ買いなんではないでしょうか。

せっかく買うなら新製品がいい!
暗いところでもキレイに撮りたい
撮った写真をSNSにすぐにあげたい

この3点が重要なら、D3400がオススメです。

実売6万円前後、キットレンズ付きで10万円切るくらいになりそうなので、これからカメラを始めたい人にはオススメできるカメラです。

もう少し予算を抑えたい、レンズにお金を回したいなんて人はD3400発売後に値崩れしたD3300を買うと幸せになれるますね。

こちらの記事もよく読まれています!

まだデータがありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク